じっくり相談をしてからカットする

誰にでも「理想の髪型」があると思います。「髪は女の命」という言葉もあるほどですから、女性は特に髪型へのこだわりが強いのではないでしょうか。

 

しかし、美容院でカットをしてもらっても、なかなか思い通りの髪型にならないと悩んでいる人が多い様子。

 

理想通りの髪型にならないのであれば、もしかするとイメージがうまく伝わっていないのかもしれません。

 

美容師の技量や相性も少なからず関わってきますが、どれだけ技量が高くても相性がよくてもイメージが伝わらないことには始まらないのです。

 

ですので、カットをする前に納得いくまで“相談”をしましょう。理想の髪型があるなら図を持参すると役立ちます。

 

写真が望ましいですが、それらしい写真がなければ絵を描くのもひとつの手です。美容院にはヘアスタイルの雑誌が多数用意されているので、その中から探し出すのもいい方法ですね。

 

イメージを伝えることができたら、次にどうカットをするのか聞いてみましょう。「ここに段を入れるとどう見えるのか」「ここを伸ばすと髪型にどう影響するのか」それらの説明を聞いて、やはり納得した上でカットをすると失敗が少なくなります。

 

美容師との会話が苦手だったりすると相談が面倒に感じることもあるかと思いますが、理想通りの髪型にするためには必要なことなのです。