嫌な音と振動について

近くで工事が始まると、どうしても悩まされるのが「音」と「振動」です。音と振動がひどいあまり体調を崩したという人も少なくない様子。

 

しかし、工事による音と振動は仕方がないものです。工事をしなければその地は発展していきません。また、家や店を建設をするにあたって工事を避けることはできないですね。

 

では、音と振動をいったいどのように乗り切ればよいのでしょうか。人間には適応力があります。これは、音と振動に対しても発揮されるものです。

 

つまり最初のうちは「嫌だ」「気分が悪くなる」「うるさい」と思っていた音と振動も、時が経つにつれて慣れていき気にならなくなる、ということです。

 

「こんなにうるさいのでは我慢できない」「これだけ具合が悪くなったのだからもうだめだ」と悲観的にならず「今はうるさいがそのうち慣れるだろう」というふうに、どっしりと構えておきましょう。

 

「人間の体は強い。いずれ慣れるから問題ない」と考えると、少し楽になりませんか?自分で自分を「もうだめだ」と追い込むと、本当にだめになってしまいます。

 

まだ慣れていないうちは耳栓をするのもひとつの手です。今は100円ショップでも耳栓を扱っているところがあるので、用意しておきましょう。