自作もお勧めのブックカバー

「ブックカバー」と言われると、文庫サイズのものを思い浮かべるでしょう。文庫本は手頃なサイズなので持ち運びにとても便利です。

 

表紙が汚れないようブックカバーをかけ、鞄に入れて持ち歩く人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ブックカバーの種類は意外と豊富で、なんと新書版サイズのブックカバーも販売されているのです。

 

新書版は文庫版と比べるとかなり大きく持ち運びには適していませんが、装丁が凝られているのでちょっとした拍子にすぐ傷がついてしまいます。

 

本が好きな人にとって、大切な作品の表紙に傷がつくのはできるだけ避けたいでしょう。そこで「新書版サイズのブックカバー」の登場です。

 

新書版に合わせて作られているため、ややサイズが大きめとなっていますね。またデザインがシンプルなものが多くどちらかというと大人向けのイメージです。

 

ただし、新書版サイズは文庫サイズと比べると種類が少ないため、気に入るデザインを探すのは少し大変かもしれません。

 

細かな作業が好きなのであれば自作をするのもひとつの手だと言えるでしょう。自作したブックカバーには愛着がわきますので、読書がもっと楽しくなります。

 

インターネットではブックカバーの作り方を掲載しているウェブサイトもありますので参考にしてみて下さい。